お知らせ (20161月22):

ビザ免除プログラム参加国の国籍の方がビザ免除プログラムを利用して渡米ができない旨の通知を受け取った場合、希望する渡米日の少なくとも3カ月前に非移民ビザの申請を行ってください。緊急に渡米する必要が無い方は、ビザ申請料金を支払い、www.ceac.state.gov/genniv/でDS160オンライン申請書を作成し、面接予約をしてください。緊急に渡米する必要がある場合、緊急面接予約を申し込むことができます。緊急面接予約を申し込む際は、渡航予定日、渡航目的、そして税関・国境取締局(CBP)からのESTA渡航認証の状況に関する通知を提出するようにしてください。

ビザ申請料金のビザ為替レート改定 (2016115):

2016年1月17日から、ビザ申請料金の為替レートが1ドル120円に変更されます。新しい料金は次の通りです。

  • B、 F、 Jなどの非請願書ビザ申請料金:  $160 = Y19,200
  • H、 L、 Pなどの請願書に基づくビザ申請料金:  $190 = Y22,800
  • E ビザ申請料金:  $205 = Y24,600
  • K ビザ申請料金:  $265 = Y31,800

注:新旧ビザ申請料金為替レートの差額を返金することはできません。

郵送先住所登録に関するお知らせ: プロファイルの登録情報が不完全または正確でない場合、書類郵送遅延の原因になります。すみやかにパスポートを受領するには、パスポートを追跡するを参照してください。  

重複支払いに関するお知らせ: ビザ申請料金は返金不可、譲渡不可です。重複支払いを行わないように、決済に関する注意事項をよく読んでください。申請料金支払いの途中で問題が発生した場合には、速やかにコールセンター(日本:050-5533-2737;米国:+1-703-520-2233)へお問い合わせください。すでに支払いが完了している場合がありますので、再度支払わないようご注意ください。 

注:支払いを有効にするためにはプロファイルに再度ログインしていただく必要があります。

Brooklyn Bridge

米国ビザインフォメーションサービスへようこそ。当サイトでは米国非移民ビザおよび移民ビザに関する情報と申請に必要な条件をご案内しています。また、ビザ申請料金の支払い方法や東京の米国大使館、大阪、那覇、札幌、福岡の領事館で行われる面接の予約方法についてもご案内しています。

当サイトは日本における米国政府の公式ビザ情報サイトです。