交流訪問者ビザ

よくある質問

このページでは:


概要

米国は交流プログラムへの参加を目的として渡米される海外の方を歓迎します。ビザ申請前に、交流訪問者ビザの申請者は、認可されたプログラム主催者から交流訪問者として受け入れおよび承認を得ていることが必要です。交流訪問者を受け入れる教育機関もしくはプログラム主催者が、ビザの申請時に提出する必要書類を申請者に交付します。

交流訪問者プログラムの J ビザは、教育、芸術、科学の分野における人材、知識、技術の交流を促進するためのビザです。参加者には、あらゆる学術レベルの学生;企業、施設、機関、で実地訓練を受ける研修生;小学校、中学校、高等学校、専門学校の教師;大学レベルの機関で教育もしくは研究を行うために渡米する教授;研究者;医療分野の研修員;視察、会議、研究、研修、専門知識や技能の普及や実演、もしくは人材交流プログラムへの参加を目的として渡米する海外からの訪問者、などが含まれます。

以下の条件の1つ、あるいは複数の条件が当てはまる場合には、交流訪問者プログラム終了後、自国または渡米前に居住していた国に、少なくとも2年間居住しなければ移民ビザ、婚約者ビザ、短期就労ビザまたは企業内転勤者ビザが発行されないことがあります。

  • 米国政府またはあなたの国籍の国の政府またはあなたが渡米前に居住していた国の政府の出資によるプログラムの場合。
  • あなたが交流訪問者プログラム参加中に携わった専門知識・技能が必要とされる分野において人的サービスが必要であるとして国務長官によって指定されている国民または指定国の居住者の場合(日本国籍の方は該当しません)。技術リストの詳細は米国務省のウェブサイトをご覧下さい。
  • 医学や研修を受けるために米国に入国した医師の場合(専門の教育研究機関または医師の協議会が関係するプログラムを除く)。

トレーニングプログラム
J-1研修プログラムは、通常、正規従業員が携わる生産的仕事のごく一部を含むこともありますが、研修や技術の向上がそのプログラムの主目的でなければなりません。本来正規従業員が就くはずの業務を研修生が代行することはできません。審査の参考にしますので詳細な研修プランを提出してください。

インターンシップ
米国の雇用主とのインターンシップを通じて実習を受けることを希望する場合、交流訪問者(J-1)ビザまたは研修(H-3)ビザが必要になります。このような活動は、米国を源泉とする報酬を受けない場合でも、B-2ビザ、またはビザ免除プログラムの下ビザなしで行うことはできません。

入国および滞在期間
J-1交流訪問者ビザを所持する方はDS-2019に記載されたプログラム開始日の30日前から米国に入国することができます。(この30日制限は、すでにプログラムに参加されている方が一旦米国を離れ、プログラムを続けるために再度米国に戻る際には適用されません。)また、Jビザ保持者はDS-2019に記載されたプログラム終了後30日間は米国滞在を続けることができます。

同行家族

J-1 ビザの保有者が米国に滞在中に同行することを希望する配偶者および21歳未満の未婚の子どもは、J-2 ビザが必要です。J-1 ビザ保有者本人と共に米国に居住しないものの、休暇のみを目的として訪問する家族は観光ビザ(B-2)を申請することができます

交流訪問者の配偶者や子どもは、J-2ビザを保有していてもI-765フォーム、就労許可を申請しない限り米国内で就労することはできません。米移民局 (USCIS) が I-765 フォームを審査し、J-2 ビザ保有者に就労許可を与えます。これについての詳細情報は、USCIS のウェブサイトの"Employment Authorization(就労許可)" (PDF) に掲載されています。

申請必要書類

Jビザの申請には、下記の提出が必要です。

  • オンライン申請書DS-160フォーム。DS-160についての詳細情報は、DS-160ウェブページを参照してください。
  • 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート(ただし、国別協定によってこれが免除される場合があります)。パスポートに1名以上が併記されている場合は、各人が申請書を提出する必要があります。
  • 過去10年間に発行された古いパスポート
  • 証明写真1枚  (5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)DS-160確認ページ左上部に写真を上下逆さまに顔にテープがかからないように留めてください。こちらのウェブページに必要な写真の条件に関する情報が掲載されています。2016年11月1日より、眼鏡を着用した写真は不可となりました。
  • 面接予約の確認のため、確認する面接予約確認書を提出してください。面接予約はこちら
  • プログラム主催者発行のDS-2019許可書。
  • DS-7002(研修生/インターンのみ)「研修生」や「インターン」に分類される方で、DS-2019が2007年7月19日以降に発行されている場合は、受入れ機関によって署名されたDS-7002のコピーも必要です。
  • 米国政府が支援する交流訪問者プログラム(プログラムコードがGで始まる)以外へ参加の場合、SEVIS費用を支払済であることを示すI-901 SEVIS費用確認書を提出しなければなりません。詳細はSEVISウェブサイトで確認してください。クリック・リファレンスは、こちら(PDF)をご覧ください。

注意: 面接の際にはDS-2019を持参する必要がありますが、十分余裕を持って面接の予約をとることも重要です。DS-2019の入手予定日を参考に面接予約をしてください。プログラム開始日までの期間が1ヶ月を切ってもDS-2019が届いていない場合は、DS-2019なしで面接を受けていただいて結構です。フォームは届き次第、大使館または領事館へ直接郵送してください。

日本国籍以外の方は、下記書類も必要です。

  • 外国人登録証または在留カードの両面のコピー

これらの書類に加えて領事に提出した情報を補足するその他の書類も持参してください。ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく発給手数料が課金されることがあります。国務省のウェブサイトに、相互互恵的関係に基づくビザの発給手数料および料金について記載されています。

申請方法

  • 申請手続きについての完全な詳細は、こちらをクリックしてください。
  • 米国政府のスポンサーによるJプログラムはDS-2019フォームにG-1、 G-2、 G-3、 G-7というプログラム番号が記載されており、これらのプログラムに参加する場合、申請料金およびSEVIS費は免除されますが面接は必要です(例:フルブライト奨学生)。 詳細は外交・公用ビザをご覧ください。東京で申請する場合、面接は月曜日の午後に行われます。予約は不要です(New!)

補足書類

補足書類は、領事が面接で考慮する多くの要素の一つに過ぎません。領事は各申請を個別に審査し、専門性、社会性、文化などの角度から検討します。領事は申請者の具体的な意志、家族の状況、自国での長期的な展望や将来の見込みなどを検討します。各事例が個々に審査され、すべての判断は法律に基づいてなされます。

重要: 決して不正な書類を提出しないでください。虚偽記載もしくは不実記載をされると、ビザ申請資格を永久に失うことになります。機密性を心配される場合は、封をした封筒に書類を入れて大使館もしくは領事館に申請者が持参してください。大使館もしくは領事館はこの情報を一切開示せず、情報の機密性を保持します。

面接時に下記の書類を持参してください。英語以外の書類には翻訳が必要です。

  • 本国に財務的、社会的、家族的な強いつながりがあり、米国での留学プログラムの終了後に確実に帰国することを示す書類。
  • 米国滞在期間の全学費および生活費を賄う十分な資金があることを証明する財政証明およびその他の書類。
  • 銀行の残高証明書原本もしくは預金通帳原本。銀行の残高証明書のコピーは原本と共に提出してください。
  • 他者から金銭的な支援を受けている場合は、支援者との関係の証明(出生証明書など)、支援者の直近の納税証明書原本、支援者の預金通帳および/または定期預金証書も持参してください。ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく発給手数料が課金されることがあります。国務省のウェブサイトに、相互互恵的関係に基づくビザの発給手数料および料金について記載されています。

同行家族の補足書類

同行家族がいる場合は、下記の書類も提出してください。

  • 配偶者や子供との関係を証明するもの(婚姻証明および出生証明など)
  • 家族が後日申請の場合は、主たる申請者のビザのコピー。
  • 配偶者や子供は各自DS-2019フォームが必要です。このフォームは交流訪問者ビザ保有者ご本人と共に、もしくは後で配偶者や子供がビザを取得、および米国に入国するために必要です。

科学(化学)技術関連プログラムに参加する方の補足書類:

科学(化学)あるいは科学技術関連プログラムに参加するために渡米する方は、面接時に次の追加書類を提出してください。

  • 完全な履歴書
  • 全ての出版物のリスト(該当者のみ)
  • 学校からの受入状/招待状

詳細情報

交流訪問者ビザについての詳細情報は、国務省のウェブサイトを参照してください。