アンケートにご協力お願いします。

米国ビザサービスは、一層のサービス向上のため、ご利用された方のご意見を参考にさせていただきたくアンケートを実施しております。つきましては、ご多忙中恐縮でございますが、アンケートにお答えください。アンケ―トは英文です。 (アンケートはすべて匿名です。) アンケートフォームは こちらです。

お問い合わせ

このページでは:


緊急ビザ面接予約リクエスト申請資格

米国大使館・領事館は、緊急性に応じ、限られた数のビザ面接を行います。緊急面接予約をリクエストできる資格は下記をご覧ください。緊急面接リクエストの提出後、領事がリクエストが条件に該当しているか判断し、結果についてお知らせします。

以下の渡米目的/ビザクラスに当てはまる場合は、領事との緊急ビザ面接予約リクエストを申請することができます。

重要:過去14日以内に日本国外に渡航された方、または以下の条件に該当する方は、緊急ビザ面接予約リクエストの提出および大使館・領事館へのご来館はできませんのでご注意ください。

  1. 体調が優れない方や咳、発熱、息切れ等のインフルエンザのような症状がある方
  2. 新型コロナウィルスで陽性と診断された人と接触があった


ご来館に際しての注意事項:米国大使館・領事館へ来館する方は、マスク(フェイスカバー)を着用するようお願い致します。マスク(フェイスカバー)を着用されていない方の入館は、お断りさせていただきます。大使館・領事館ではマスク(フェイスカバー)の提供はしておりませんので、あらかじめご了承下さい。


非移民ビザ

緊急面接をリクエストできる資格と条件に関するガイダンス、及び、緊急面接リクエストの申請方法についてはこちらのページをご確認ください:https://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-expeditedappointment.asp 

 

移民ビザ

  • 緊急医療措置
  • 養子縁組
  • 年齢によるビザの発給期限が迫っている子供のケース
  • 医療従事者(限られたケースのみ)
  • 特別移民ビザ(例:SQ,SI,SIVビザ)
  • 日本から米国への二か月以内の転勤を命じられた米国籍の現役軍人の最近親者

緊急面接リクエストは下記の情報を support-japan@ustraveldocs.com までお送りください。

  • 緊急を要する理由についての詳細
  • 申請者の渡航予定日
  • 転勤日や渡航日が書かれている会社発行のレターや米軍のPCSオーダーなどの補足書類

受付時間

英語あるいは日本語を話すカスタマーサービス担当者が月曜日から金曜日の日本時間の午前10時から午後6時まで、ご質問にお答えします。コールセンターは 米国および日本の休日は営業時間外となっております。

パスポート追跡オプション

パスポート番号から検索する: 速報:申請状況を確認するにはパスポート番号を入力して下さい。 郵便局でパスポートを受け取る場合は、必要な書類を持ってすみやかにパスポートを受け取りに行ってください。保管期間中にパスポートの受け取りがない場合は、大使館または領事館へ返却となります。追跡状況の定義については、パスポート追跡状況を参照ください。

注: 一旦大使館・領事館からパスポートが持ち出された後は、大使館や領事館で発送の状況はご案内できません。大使館や領事館に発送状況のお問合せはお控えください

 

Eメール:件名および/または本文に面接予約の際に入力した番号と同じ有効なパスポート番号を入力し、passportstatus@ustraveldocs.comにEメールを送信してください。この他の文字を入力しないでください。返却状況はEメールで自動返信されます。

パスポート追跡状況

以下の検索結果は次のパスポート追跡状況を表します。

パスポートは大使館・領事館にあります

あなたのパスポートは大使館・領事館にあります。

パスポートは発送のため、大使館・領事館から持ち出され、発送手続き中です

パスポートは大使館・領事館から持ち出され、発送センターで指定された郵送先へ発送準備中です。

パスポートは配送中です

パスポートは指定された郵送先へ郵送中です。郵便局のウェブサイトでレターパック番号を使って配達追跡調査が可能です。

パスポートは受け取り可能です

パスポートは指定された郵送先へ配達されました。郵送先を郵便局留めで指定した場合、パスポートは指定した郵便局に届いていますので、郵便局で受け取ってください。登録住所への配達時に不在だった場合は郵便物お預かりのお知らせが郵便受けに残されますので、再配達のインストラクションに従って受け取りの手続きをしてください。郵便局のウェブサイトでレターパック番号を使って配達追跡調査が可能です。 

入力したパスポート番号は更新情報がありません

現在パスポート追跡情報はございません。札幌、福岡、那覇で面接を行った場合や大阪での郵送申請を選択した場合は、日にちをおいて再度パスポートの追跡をしてください。

パスポートは大使館・領事館へ返送されました

ビザ申請のプロファイルに登録した氏名や郵送先が不完全のため、もしくは郵便局での保管期間を過ぎたために、パスポートは大使館・領事館へ返送されました。コールセンターに連絡をしてください。

連絡先情報

ビザ申請や渡米するためのビザの取得に関するご質問がございましたら、下記の方法でお問い合わせください。ビザ申請サービス・コールセンター担当者が、お電話またはチャットでご質問にお答えすることができます。

重要なお知らせ

2018年9月21日より、在日米国大使館及び領事館は、非移民ビザ並びに移民ビザ申請の審査状況に関する問合せに対し以下の条件を満たしている場合限り回答致します。

  • ビザの面接を受けてから、10営業日以上経過している場合
  • ビザを郵送で申請し、大使館が申請書類を受理してから、10営業日以上経過している場合
  • 貿易駐在員・投資駐在員ビザの新規企業登録の書類を大使館が受理してから、1ヶ月以上経過している場合

上記の条件を満たしている場合に限り、以下の問合せフォームから審査状況をお問合せ下さい。今後コールセンターでは、移民ビザ及び非移民ビザの審査状況についてのお問合せを受付けませんのでご注意下さい。https://japan2.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-form-status.html

 

お問合せ内容が上記の条件を満たしていない場合には、回答されませんのでご注意下さい。

 

電話番号: 以下のいずれかの電話番号におかけいただき、カスタマーサービス担当者にお問い合わせください。

エージェントとお話になりたい方は音声ガイダンスに従って「非移民ビザ情報」または「移民ビザ情報」の番号を選択してください。いずれかの情報の項目を選択し、ガイダンスを最後までお聞きいただくとエージェントに繋がるオプションがあります。

  • 日本にお住まいの方―こちらへおかけください。050 5533 2737
  • 米国にお住まいの方―こちらへおかけください。703 520 2233
Call us
Call us
Call us
Call us

 

Email: カスタマーサービス担当者へEmailにてお問い合わせいただけます。 support-japan@ustraveldocs.comをクリックしてください。

Skype: 午前10時から午後6時の間、Skype for Businessにてカスタマーサービス担当者との通話をご希望の場合は、下記のSkype for Businessのアイコンをクリックするか、Skype for Business名ustraveldocs-japan@ustravelhub.comをSkype for Businessアカウントに新たに追加してください。

注意: 米国ビザ申請サービズデスクのSkype for Business名を、ご利用前によく確認してくだい。当センターの Skype for Business ID はustraveldocs-japan@ustravelhub.comとなります。コールセンター担当者は、電話でビザ申請料金の支払い指示は行いません。申請料金支払い前に、ビザ申請料金の支払いウェブサイトをよく読まれることを、強く推奨します。コールセンター担当者が、Skype for Businessを通じて同様に指示を行うことはありません。チャットサービスは他のアプリケーションで利用が可能です。

正規Skype for Businessのご利用を確認するには、以下のアイコンをクリックし通話を開始してください。

 

Skype Me™!

チャット: 午前10時から午後6時の間、カスタマーサービス担当者とのチャットをご希望の場合は、以下をクリックしてください。チャットには、Internet Explorer 8.0, Internet Explorer 7.0, Internet Explorer 6 Service Pack 2, and Firefox 3.6の環境が必要です。

不正行為の報告

不正行為にあった場合や、ビザ申請料金を支払うため、ビザの面接予約をするため、または領事部に書類を送付するために不必要な料金を支払うよう求められた場合は, fraud@ustraveldocs.comまでご連絡ください。