使用人ビザ

On this page:


概要

雇用主に同行、または後で合流するために渡米する使用人はB-1ビザを申請することができます。使用人とは、コック、執事、運転手、家政婦、お手伝い(ベビーシッター)、オペア、家事手伝い、庭師等が該当しますが、それらに限定するものではありません。

外交官や政府高官の雇用主に同行または後で合流する使用人は、雇用主のビザ・ステータスに応じてA-3、G-5、NATO-7ビザを申請することができます。

申請資格

申請者が使用人で、B-1 ビザの申請を希望する場合は、以下を証明しなければなりません。

  • 使用人として勤務することが渡米目的であること。
  • 一定の限られた期間のみ米国に滞在する予定であること。
  • 雇用主が一定の資格を満たしていること。
  • 米国外に社会的・経済的な強いつながりがあるという証拠があること。
  • 米国外に居住地があることに加えて、米国外に強いつながりがあり、契約の終了時には確実に帰国すること。

非移民ビザ保持者との同行

あなたが使用人であり、米国籍者でも米国永住者でもないB、E、F、H、I、J、L、M、O、P、Q、もしくはRビザで渡米する、あるいは既に入国している雇用主に同行することを希望する場合は、以下を条件としてB-1ビザに該当する可能性があります。

  • 少なくとも1年間の使用人としての経験があることを前雇用主からの書面により証明できる。
  • 雇用主の米国入国日前に少なくとも1年間その雇用主に米国外で雇用されている。
  • 雇用主のビザ申請直前に雇用主と使用人の雇用関係が存在していた場合は、雇用主は定期的(通年または季節的)に使用人をビザ申請前の数年間雇用していたことを証明できる。
  • 使用人は他の仕事に就いておらず、雇用契約により雇用主から部屋代、食費の提供および往復の航空運賃の支払を受けている。

米国籍保持者との同行

a. 米国に一時的に滞在する米国籍を有する雇用主に同行し短期訪問する使用人は、次の条件を満たした場合には、B1ビザに該当する可能性があります。

  1. 使用人は米国外に居住地がありそれを放棄する意思がないこと。
  2. 雇用主が米国へ入国する前に雇用主と使用人の雇用関係が少なくとも6カ月間存在している、または、雇用主が外国に滞在中、定期的に申請者と同じ条件のもとで使用人を雇用していること。
  3.  使用人は少なくとも1年間使用人としての経験があることを前雇用主からの書面により証明できる。
  4. 使用人は契約書の原本あるいはコピーを所持し、入国時に雇用主と使用人両方の署名のある原本の契約書を提示できる。

b. 米国籍雇用主が2年あるいはそれ以上の外国転勤が頻繁にある雇用状況にあり、1回における米国の滞在期間が6年以下であることを雇用主の企業人事課により証明できる。使用人は他の仕事に就いておらず、雇用契約により雇用主から部屋代、食費の提供および往復の航空運賃の支払を受けている。

c.雇用契約書は雇用主と使用人両方の署名、契約日の記載があり、雇用主が上記 b.の内容を保証することを含んでいることに加え、使用人が1日8時間の通常賃金または最低賃金のいずれか多い方を受け取ることを保証すること。また、契約書には使用人に対し雇用される地域の米国での使用人が通常受けることができる福利手当を与えることが記載されていること。雇用主は少なくとも2週間前には解雇を通知しなければならないが、使用人は2週間以上前に退職の申し出をする必要はない。

永住権保持者との同行

米国永住者 (グリーンカード保有者) は、いかなる場合も B-1 ビザで使用人を米国に連れていくことはできません。

B-1ビザ保持者の契約要求事項

B-1ビザを申請する使用人は、雇用主と使用人両方の署名をした雇用契約書を提出する必要があります。この雇用契約書には以下の内容が含まれなければなりません。

  • 米国での使用人の職務内容の詳細
  • 1週間の労働時間
  • 年間の祝日、有給休暇、病気休暇日数
  • 毎週の休日
  • フルタイムで雇用される場合の報酬。これは通常賃金もしくは連邦法で定められた最低賃金のうち、どちらか多い方でなければなりません。米国内の現在の最低賃金はこちらを、通常賃金はこちらを参照してください。
  • 部屋代と食費が提供されるという証明
  • 雇用主のために働く期間内は、使用人が生活保護を受給しないことを雇用主が保証するという証明
  • 使用人が雇用主のために働く期間内は他の雇用を請け負わないという証明
  • 使用人のパスポートを取り上げないという雇用主の証明
  • 使用人が就労時間外に無報酬で雇用主の敷地に留まることが要求されないことを、雇用主および使用人の両者が了解している旨の証明
  • 使用人の米国への渡航費用および雇用主の次の赴任先までの旅費、あるいは契約終了時には使用人の居住国までの旅費を雇用主が支払うことの証明。

A-1、A-2G、G-1、G-4ビザ保有者との同行 (A-3または G-5ビザ)

A-1、A-2、または G-1 から G-4 ビザ保有者の随行者、使用人は、 A-3 もしくは G-5 ビザに該当します。A-3 もしくは G-5 の資格を有することを証明しなければなりません(例:前雇用主からの推薦状やその分野での勤務経験の証明など)。領事は雇用主の正式な資格、および雇用主と使用人の双方が雇用関係を締結する(あるいは維持する)意志があることを確認します。また、外交官の使用人(A3)および国際機関の職員の使用人(G5)は、ビザの申請前に国務省のThe Office of Foreign Missions Information System(TOMIS)に登録する必要があります。TOMIS登録についての詳細は、国務省の外交使節室にお問い合わせください。

A-3 および G-5 ビザ申請者は領事による面接を受けなければなりません。申請者は、米国大使館のウェブサイトに記載されている申請手順に従ってください。

A-3 もしくは G-5 の申請者が受ける賃金がその職域に対する正当な賃金であり、生活保護を受ける心配がないことを領事が確認します。これらのビザの申請者は、雇用主および使用人双方が署名した雇用契約書を提出する必要があります。

A-3/G-5/NATO-7ビザ保有者の契約要求事項

A-3、G-5、NATO-7ビザを申請する使用人は、雇用主と使用人双方が署名した雇用契約書を提出する必要があります。この契約書には以下の内容が含まれなければなりません。

  • 州法もしくは連邦法で定められた最低賃金または通常賃金のうち、どちらか多い方の賃金の支払いを受けることの保証。米国内の現在の最低賃金は こちらを、通常賃金は こちらを参照してください.
  • 雇用開始から90日後には、すべての賃金が小切手もしくは銀行振込で支払われていなければならないというステートメント。雇用主および雇用主の家族は、使用人の銀行口座にアクセスしてはならないこと。
  • 雇用主が外交官の場合、住み込みの使用人は、一般的な慣習により、賃金の他に部屋代と食費の支払いを受けること。
  • 使用人が雇用主のために働く期間内は、他の仕事につかないという使用人による約束。
  • 使用人のパスポートを取り上げないという雇用主の約束、および使用人が就労時間外に無報酬で雇用主の敷地に留まることが要求されないことを雇用主および使用人の両者が了解している旨のステートメント。
  • 雇用契約は使用人が個人的に雇用を確保したり人権の保護を求める際の枠組みを示すプロセスとして不可欠であること。使用人の米国への渡航費用および雇用主の次の赴任先までの旅費、あるいは契約終了時には使用人の居住国までの旅費を雇用主は支払わなければならないこと。

申請必要書類

B-1、A-3、G-5、NATO-7ビザを申請される際は、下記の必要書類を提出してください。

  • オンライン申請書DS-160フォーム。 DS-160についての詳細情報は、 DS-160ウェブページを参照してください。
  • 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート(ただし、国別協定 によってこれが免除される場合があります)。
  • 過去10年間に発行された古いパスポート
  • 証明写真1枚  (5cmx5cm)、6ヶ月以内に撮影した背景が白のカラー写真。(DS-160確認ページ左上に留めてください)。こちらのウェブページに必要な写真の条件に関する情報が掲載されています。注:眼鏡を着用した写真は不可。
  • 面接を予約されたことを確認する面接予約確認書を提出してください。面接予約はこちら。(A-3、G-5、NATO-7を除く)。
  • 雇用主のビザもしくは雇用主が米国に入国するために用いるその他の方法(ビザ免除国のパスポートもしくは米国のパスポート)のコピー。
  • 雇用主と使用人双方が署名した上記の必要事項すべてを満たす雇用契約書。
  • A-3、G-5、NATO-7申請者の場合:申請者の雇用形態、出国日、渡米目的、米国での滞在期間が明記された、口上書。口上書には、使用人の氏名および雇用主の肩書もしくは地位が記載されている必要があります。また、出国日および渡航目的、米国での滞在期間も記載が必要です。A-3、G-5、NATO-7申請者は申請料金の支払いは不要です。

日本国籍以外の方は、下記書類も必要です。

  • 外国人登録証または在留カードの両面のコピー

これらの書類に加えて領事に提出した情報を補足するその他の書類も持参してください。ビザが発給される場合、申請者の国籍に応じて、相互互恵的関係に基づく発給手数料が課金されることがあります。国務省のウェブサイトに、相互互恵的関係に基づくビザの発給手数料および料金について記載されています。

申請方法

A3、G5、NATO-7ビザの申請者は、米国大使館のウェブサイトをご覧ください。 その他の使用人ビザ申請手続きについての詳細は、こちらをクリックしてください。

補足書類(任意)

補足書類は、領事が面接で考慮する多くの要素の一つに過ぎません。領事は各申請を個別に審査し、専門性、社会性、文化などの角度から検討します。領事は申請者の具体的な目的、家族の状況、居住国での長期的な計画や将来の見込みなどを検討します。各申請は、法律に基づいてすべての判断がなされます。

面接時に下記の書類を持参することをお勧めします。すべての書類には英訳が必要です。

  • 約束した賃金を支払う能力が雇用主にあることの証明。注記:A-3、G-5、NATO-7ビザの申請者の場合、雇用主が参事官もしくはそれ以下の地位である場合のみこれが適用されます。
  • 申請者の米国滞在が一時的であることの証明。
  • 詳細情報は国務省のウェブサイトを参照してください。

重要:決して不正な書類を提出しないでください。虚偽または不実な記載があった場合はビザ受給資格を永久に失うことになります。

詳細情報

A-3B-1NATO-7、またはG-5ビザについての詳細情報は、国務省のウェブサイトを参照してください。